睡眠薬は病院で処方してもらうもの?

睡眠薬の買い方

「眠れない日が続いてもう限界…でも睡眠薬って薬局でも買えるの?」と、睡眠薬の購入方法が気になりませんか?

睡眠薬の購入方法は3つ。
①病院で処方してもらう②ドラッグストアで購入③通販で注文があります。
それぞれのプラス・マイナスのポイントを知り、あなたに合った手段を見つけましょう。

▼病院で処方してもらう

処方とは、医師が病状に合わせて薬の配合をして服用量や方法を指示することです。
睡眠薬は処方箋が必要な医療薬。
医療薬は効果が高いですが、副作用のリスクや他の薬との相性が悪い場合があります。そのため、医師の管理のもと安全に服用できるのです。

プラス
・安全性が高い
・健康保険が適応
・薬によって副作用や不調が出た時に、対処しやすい
・医師とのコミュニケーションがあるため安心できる

マイナス
・定期的に通わないといけない
・通院費がかかる

病院での不眠治療は、定期的に通わないといけないため時間の確保が必要です。
健康保険が適応するので費用が抑えられ、安全性も高い利点があります。

▼ドラッグストアで買う

ドラッグストアで買える市販薬は、病院の睡眠薬とは異なり睡眠改善薬と呼ばれます。
睡眠薬より効果は弱いですが、副作用が少なく多くの人が安全に服用できる薬です。

プラス
・手軽に購入できる
・リスクが少ない

マイナス
・効果が弱い
・繰り返し服用すると耐性がつく
・不眠症の方には適していない

睡眠改善薬はあくまで短期的な不眠症状を緩和する薬で、不眠症の方には適していません。
軽い不眠の方には、手軽にトライできる薬です。

▼通販で注文する 

睡眠薬は医師による処方が必要ですが、海外通販を利用すれば処方箋がなくてもOK。
医療用医薬品は、医師による処方か個人輸入でのみ手に入ります。
個人輸入は難しそうなイメージがあるかもしれませんが、海外通販サイトを使えば難しい取引を代わりに行なってくれるのです。

プラス
・自宅に居ながらスマホ1つで購入できる
・日本で取り扱いのない海外製の薬が手に入る
・ジェネリックを選べば安価に抑えられる

マイナス
・たとえ副作用や体調不良がでても自己責任
・偽造品を購入するリスク

海外通販では、簡単に低価格で海外の睡眠薬を購入できます。日本で出回っていない豊富な種類の中から薬が選べるのは魅力的ですね。しかし責任はすべて購入した個人にあります。副作用やアレルギーなどには注意が必要です。
また偽造品のリスク回避のためには、信頼度の高い大手サイトを選びましょう。